梅毒の感染者が増加傾向にある

 

梅毒に注意しましょう!

この記事では、梅毒という性病について特集しています。梅毒というと性病としてはマイナーなイメージがあるかもしれません。現代医学では、ペニシリン系の抗生物質で治療することができるので、梅毒はHIVほど恐れられていない性病になります。しかし、梅毒の感染がないわけではありません。日本においても、梅毒の感染者は存在しているのです。しかも、近年では梅毒感染者が増加傾向にあると、さかんにいわれています。梅毒に感染したという人を見たり聞いたりしたことがないかもしれませんが、主として性行為で感染するために、あまり人に言えないというのもあります。

 

梅毒は特有の症状があるので、初期症状が現れて、梅毒が疑われる場合には、病院や保健所で検査を受けましょう。梅毒には一定期間の潜伏期間がありますので、その間に梅毒検査キットを利用して、自分でチェックするという方法もあります。梅毒の検査は血液検査になりますので、HIVも同時にチェックするのもいいでしょう。梅毒に感染していると、HIVにも感染しやすいと一般的に言われています。性病にかかわらず、病気全般に共通して言えることですが、早期発見が大事ですね。そのためにも定期的に性病検査を受けておくことが望ましいでしょう。