エイズの検査は定期的に受ける

 

研究が進むエイズの治療やワクチン

エイズの治療や予防に関する研究は日々進んでいます。エイズ予防ワクチンなどは目覚ましい進歩を見せています。動物実験を終え、人間の臨床試験が始まっているワクチンもあるといいます。エイズに関しては新しいニュースが頻繁に飛び込んできます。エイズの治療法や予防ワクチンはまだ完成していませんが、近い将来に確率される見通しはあります。

 

エイズの研究は日本やアメリカなどの先進国の他にも、東名なジアのタイでも研究が進んでいます。エイズ関連に関しては、今後の成果に期待したいですね。さて、エイズの治療法が確立されていない現在では、HIVに感染しないことが最も重要になります。予防ワクチンも完成していないので、その他の方法でHIV感染を防がなくてはなりません。

 

HIVは空気感染しないので、粘膜や粘液の接触を避けることが重要ですが、とはいえ、異性や同性と性行為をすることもあるでしょう。その場合はコンドームの着用が簡単で効果的です。もちろん、100パーセントの確率でHIV感染を防ぐことはできないので、どうすればいいかを考える必要はあります。ゲイの人は感染率が高いとも言われています。妊娠しないので、コンドームを付けないことが多いからでしょうか。

 

エイズ検査を定期的に受けると、感染拡大は減っていくと思われます。昨今ではネット通販で注文できるエイズ検査キットも普及しています。ふじメディカルやSTD研究所など複数の販売会社から、エイズ検査キットが出ているので、比較検討して購入するといいでしょう。値段やサービスが若干違います。まだ、一度もエイズ検査をしたことがないという方は、エイズ検査キットを購入して試してみるといいですよ。